夢を追い続けることが「夢」

Pocket

レーサーに復帰しました。

今日は10数年ぶりにモータースポーツである
「レーシングカート」のレースに出てきました。

ヘルメット、レーシングスーツ、グローブなどの
ウェア類をこの日のレースのために衝動買いで揃えてましたが、
マシンはないので急きょ、マシンをお借りしての
出場です。

レースは世界選手権もあるレーシングカートでの出場です。
マシンの最高時速は100キロを超えます。

目線は地面からすれすれの車高ですので、
実測は2倍~3倍くらいに感じます。

沖縄の小さいコースでも160キロくらいには
感じるのではないでしょうか。

レーシングカートは公道を走ることができない
レース専用のマシンです。

強烈にパワフルなエンジンとF1と同じスリックタイヤで
走行しますので、カーブの際の遠心力である
「横G」も相当なものです。

速さに見合った体力が必要

例えば頭の重さがヘルメットも込みで8Kgくらいだとすると
カーブの時の首にかかる重力は20Kgくらい。
特に首と上半身はマシンとタイムがが速ければ速いほど
鍛えぬかなないとレース後半は持ちません。

レース前に練習を2回ほどしましたが、
20週くらいで首が完全に持っていかれて
練習走行不能になりました。

急に乗ると体がついていきません。

こちらは本土のサーキット。
たぶん大分県だったと思いますが、
16年前の画像です。沖縄の数倍も大きいですね。

レースの結果は

レースは

1.スタート順位を決める単独走行「タイムトライアル」
2.抜きつ、抜かれつを行いながら決勝順位を決める「予選ヒート」
3.予選ヒートと同じく、レースで最終順位を決める「決勝ヒート」

3回の走行で行われます。

こちらは決勝ヒートスタートの様子です。

順位ですが、

4位→4位→4位

ということで、初めから最後まで4位。

とりあえず完走という目的は果たせたので
満足です・・・、と言いたいところですが、

前の車を抜くチャンスが2回ほどあったので
そこで仕掛けられなかったのが悔やむところです。(笑)

全人生をかけていた日々

21歳の時、カートに出会った私は
わずかな全財産と若さという時間を
全力でつぎ込んで、レースを没頭していました。

初レースは忘れもしない3位でしたが
そこからいきなり上級者クラスにステップアップし、
1年間は全く勝てない日々を過ごしていました。

そんな中で「このレースで負けたら引退」と
勝手に決めていたレースで優勝。

そこからすべてが変わり始め、
連勝するようになりました。

調子にのって本土のサーキットにも遠征。

沖縄、本土のレース仲間のサポートを受けながら
新東京サーキットで2位になり、
本格的に本土にレース活動を行うようになりました。

【画像】かのアイルトン・セナととんねるずの石橋が
レースした新東京サーキットです。

しかしながら、当時の私は
お金も時間もコネも人格もたいしたことはなく、
何もできずに3年間が過ぎてしまい、
25歳の時に挫折して沖縄に帰ってきました。

【画像】20年前、鈴鹿サーキットにて
300人じゃんけんで1番になり、
レーサーの道上龍、服部直樹、脇阪寿一に
囲まれるの図。その後、サイン入りの傘を
友人の家に忘れるという悲劇が(笑)

【画像】こちらも鈴鹿サーキットにて。
本当に一生懸命だったなぁ。

夢を乗せて走ってくれている人たち

そのような事情で途中でレースの夢を断った私でしたが

沖縄では私が所属していたレーシングチームの
スクーデリア沖縄さんがククル読谷サーキットをスタートさせ
子供向けのレーシングスクールを開校していました。

スクール生では当時、中学生で世界選手権に出場、
現在ではカートからフォーミュラカテゴリーに
ステップしてF1ドライバーになる可能性を秘めている
沖縄のトップドライバー平良響くんを輩出。

今年は未来のF1ドライバーを育てる
「TeamOKINAWA」を結成され、
マカオやヨーロッパ、国内の
鈴鹿サーキットへの出場など積極的に
活動を行っています。

所属している無限の可能性を秘めている
沖縄の子供たちには
ぜひ「その先へ、もっと先へ」
夢を叶えるまで走り続けてほしいなと
願っています。

平良響くんはFBページもありますので、
ぜひ応援してください。

【響レーシングプロジェクト】
https://www.facebook.com/taira2486hibiki/

また、こどものモータースポーツを支援する
一般社団法人 縄モータースポーツこども支援協会 ハンドル
のカート部門 Team Okinawaも
ぜひアクセスして活動をご覧ください。

【Team Okinawa】
http://team.okinawa/

【クラウドファンディングによる支援受付】
https://yuima-okinawa.jp/project/detail/173

夢を追い続けることが夢

どのような夢でも時間、体力、資金、地理、人間関係
いろんな制約があって実現がなかなかできないかもしれません。

でも、もし夢を追い続けられる環境なら
遠慮せずにどんどん追い続けることで

結果はどうあれ「納得感」のある人生が
描けるのではないでしょうか。

大人も子供のように楽しく夢を追い続けると

「日曜日の子供」のように毎日早起きして
「今日は何しよう」ってワクワクする

そんな毎日が過ごせるかもしれませんね。

私にとっては、今日のレースはそんな日でした。

「顔が18年前と変わってない!」とか
「顔が子供に戻ってる!」とか

今日はいろいろ言われましたが、
中身はまだまだ子供かもしれませんね。

22歳の親川くん。気持ちは同級生だよ。(笑)


【親川政明 個人フェイスブック】
https://www.facebook.com/masaaki.oyakawa

【経営者・起業家育成】
全国・海外対応。現役経営者から実践的な「経営・起業」が直接学べる経営者育成コミュニティ
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)

【中小企業経営コンサルティング】
理念経営の実践で経営者の心と経済の豊かさを実現する
Office-OYAKAWA(オフィス親川)

【一人起業家向け】月収100万円を6ヶ月以内に達成する「PBF®︎」を最短でマスター
ミリオンビジネスアカデミー

The following two tabs change content below.
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/
About 親川 政明 123 Articles
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/