不登校の「親川政明」プロフィール

Pocket

義務教育を2年で卒業した親川政明のプロフィール

親川政明(1977.6.5)

沖縄にありがちな貧困の中、
カップラーメンを食べて育ち
義務教育を2年で卒業。

自殺未遂、いじめ、うつ病、転職癖など
人生の課題を数多く経験し、克服。

現在「社会に人生と生活の豊かさを提供する」ことを
個人の理念とし、会社経営や講演などを行っている。

【プロフィール】

1977.6.5
沖縄の母と本土の父を持ち
東京で生まれる

1979
両親離婚、沖縄に住まいを移す

1985
那覇市立開南小学校で
小学校2年生から
「カギっこ」のため、ずる休みから
不登校児となる。

その後、学校に行く意味を
見いだせず7年間自宅で過ごす。

大人、子供問わず理解されない日々が続き
毎日自殺願望や10階にあった自宅から
飛び降り未遂を起こす。

親は仕事でおらず、食事を作る体力も
残っていなかったため、
毎日カップラーメンで育つ。

文字を読むのはテレビゲームで覚えて
NHKの教育番組で自分自身を教育していた。

意味が分からないまま初めて読んだ本は
ナポレオンヒル著の「成功哲学」

遊びはすべて競争ものが好きで

・沖縄県ミニ四駆大会優勝
・数々のゲーム大会優勝
・ラジコン大会優勝

など、勝負事に熱中する子供だった。

子供からは「学校に行っていない」だけで
言葉のいじめ、身体的ないじめを受け

大人からは「ろくな大人にならない」
「学校に行っていないから、そんな子供になるんだ」

など、すべて「学校に行っていない」だけの
理不尽な理由で批判され続けた。

結果、自尊心のかけらもなくなり、
「死にたい毎日」を送る。

1991
中学校2年生の時に
那覇市教育委員会が運営する
不登校児の適応教室
「あけもどろ学級」に通学

ここでは同じ境遇の友人ができ
交友関係も良好だった。

1992
7年ぶりに学校復帰
その時の学力は
「太陽が上る方角」を
「右」と答えるレベル。
東西南北もわからない少年だった

しかし、バイクが好きで
受験資格がないにも関わらず
バイク免許の本を読破し

16歳の時にすぐに免許を取れるほど
になっていた。

1993
死に物狂いで2か月の受験勉強をし
普通高校の沖縄県立小禄高校に入学
空手部に入部し、諸見里明先生と出会う。

しかし同級生になじめず6か月で退学

その後、深夜のカラオケ店で
21時から朝6時までアルバイト。

一人で店舗オープンからレジ締めまでを
行い、店舗管理者として業務をこなしていた。

1994
人生一度くらい「学校」を楽しんでみたい想いや
同じ不登校の友達へ相談するなどして
定時制の沖縄県立泊高等学校午前に入学。

学費、運転免許の取得代などすべて
自分で賄っていたため、学業と仕事を両立させるため
睡眠時間3時間の3年間を過ごす。

当時の夢は「8時間寝てみたい」

1997
高校を卒業し就職。
県外での季節労働での出稼ぎや
新車自動車ディーラーで営業マンとして勤務
成績は比較的優秀だったが、レーサーになりたい夢を追うため
離職。

2000
レーサーになるためレーシングショップで住み込みで働く。
コンテナで創られた部屋で昼間はショップ定員、
夜はコンビニ定員をしながらレースに資金をすべて投入する。

1年で沖縄チャンピオンとなり新東京サーキット遠征でも2位を獲得。
県外でのレース活動を決意する。

2001
レースかつどうのために愛知県で工場勤務をするも
機械で親指の先端を切断。レース活動ができなくなる。
沖縄に一時帰沖。

2002
レースの夢をあきらめられず
神奈川のタイヤ販売店に就職しながらレース資金を
貯める。レース出場の夢を果たすも、年齢的に
レースで生計を立てられるレベルではなく、引退。

うつ病になり布団から出られなくなる。

仕事も続けられなくなり、
沖縄に帰沖。

2003
レース活動をしていたため、
職業能力がなく、就職ができなかったため
職業訓練校に通いながら職業能力を磨く。

資格があれば収入が上がると思い、
すべて独学で国家資格含め26種類を取得。

身につけた技能、経験を活かし
パソコンの販売と出張サポートを行う
「オフィスワークサポート」を開業し
個人事業を開始する。

2004
北中城村教育委員会に所属し
幼小中学校のパソコンインストラクターとなる。
また、北中城中学校の空手同好会の顧問となり
北中城中学校初の中体連出場を果たす

その縁で北中城村村長の新垣邦夫氏と
交流する。当時はまだ村役場勤務だった。

2006
北中城村の新垣邦夫村長より直接電話があり
北中城村生涯学習施設「あやかりの杜」の
IT導入支援を依頼され、北中城村教育委員会に勤務。

総工費22億円中5億円を担当し
防衛施設局との折衝作業、書類作成、
機器導入支援を行う。

2008
個人事業主から経営相談が増え
ボランティアで経営コンサルティングを開始。

2009
沖縄尚学院にて職業訓練講師となる。

2010
中小企業診断士事務所
おきなわ経営サポートに入社。
年商40億円の企業を担当し、
財務コンサルティングと経営手法を学ぶ。

2011
民間企業に講師業として入社。
入社3か月で人事部長に抜擢され
入社1年で専務取締役に就任。
経営企画を担当する

2014
合同会社ミリオンズ設立

2015
同企業が沖縄県経営革新に承認
中小機構「創業支援者」認定
中小企業庁 経営力向上計画 認定企業 となる。

これを受けて
起業家育成ビジネススクール
「ミリオンビジネスアカデミー」を設立。

起業家向け経営スキルを提供。

受講生の8割が女性であり、
子供がいる主婦でありながら
ビジネスを成長させ、
受講生全員が売上アップを図る

2016
ミリオンビジネスアカデミー受講生の
月収100万円達成率が76.5%になる。

東京からの受講希望もあり、
県内外で活動する。

2017
法人向け中小企業経営コンサルティングを開始。

創業38年の老舗会社を月商5倍にし、
赤字体質の会社を5か月で黒字体質に経営改善を
行うことに成功する。

自社ではビジネス教育、IT事業を行い、
個人事業主、中小企業の廃業率改善を行うと同時に

経営者自身の収入アップと
自由な時間の創出に貢献することで
「豊かな社会」を創造するべく日々邁進している。

【個人ブログ】
http://oyakawamasaaki.com/

【個人Facebook】
https://www.facebook.com/masaaki.oyakawa

【メディア掲載】

スクール情報誌えら部(2016年8月~10月)

浦添商工会議所広報誌(2017年5月号)

【現在の活動】

合同会社ミリオンズ代表
http://millions47.com/
・中小企業庁 経営力向上計画 認定企業
・沖縄県経営革新 承認事業
・中小機構「創業支援者」認定

ミリオンビジネスアカデミー運営
http://million-business.academy/
・月収100万円達成率75.6%、
受講生全員が売上アップの実績

経営コンサルタント
http://www.oyakawa.biz/

中小企業向け
高利益率ビジネス設計コンサルティング

 


【親川政明 個人フェイスブック】
https://www.facebook.com/masaaki.oyakawa

【経営者・起業家育成】
全国・海外対応。現役経営者から実践的な「経営・起業」が直接学べる経営者育成コミュニティ
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)

【中小企業経営コンサルティング】
理念経営の実践で経営者の心と経済の豊かさを実現する
Office-OYAKAWA(オフィス親川)

【一人起業家向け】月収100万円を6ヶ月以内に達成する「PBF®︎」を最短でマスター
ミリオンビジネスアカデミー

The following two tabs change content below.
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/
About 親川 政明 123 Articles
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/