【米国レポート】アメリカとロイス・クルーガーと私(ロイスへのバースデー編)

Pocket

ロイス70歳のバースデーを祝いに。

アメリカ滞在2日目の午後は
ロイスの自宅で食事会に招かれました。

アメリカ滞在2日目(日本時間3日目)
親しくさせていただいているロイスさんの
ご自宅にお邪魔しました。


ロイス・クルーガーさんのプロフィール
http://www.roice.jp/profile
世界で活躍する経営コンサルタントで
日本にも長く滞在していました。


ロイスの奥さん手作りの料理を
いただきましたがこちらも
メキシカン風で美味しく、
自宅で焼きたてパンを焼いて
出してくれて、至れり尽くせり。

※奥様の手料理、美味しかったです。

そして、ロイス70歳の誕生日祝いに
沖縄の「カンカラ三線」を
プレゼントしてきました。

 

「カンカラ三線」が生まれた背景として
終戦直後、物資がない状況下でも
歌を忘れない心で「空き缶」と
「木の棒」で作られたこのカンカラ三線は

もし限られた状況になっても
精一杯たくましく、楽しく生きる
沖縄の心を伝えるには
ちょうど良いかなと思いまして
チョイスしてみました。

このパターンだと、だいたい
1曲歌えやという流れになるので

超下手なりに
「安里屋ユンタ」と
「ハッピーバースデー」を
三線で披露してきました。

練習ほどうまくできませんでしたが
とりあえずアメリカにきたミッションは
果たせたのでホッと一安心です。

そしたらなんと、ロイスさんが
「インディアンの笛?」らしきものを
代わりにプレゼントするということで
ありがたく頂戴しました。

世界で活躍されている方は
本当に気遣い上手で勉強になります。

素敵なロケーションで食事会

この日はロイスは夕方から
予定があるとのことで、
朝のラペリング仲間と合流。

モルモン教の聖地である
ソルトレイク寺院まわりを散策しながら
最高のロケーションで初対面メンバーにも
関わらず夕食を囲んで日本とアメリカの
文化の違いなどを話をしていました。

※無修正画像です。壁紙のよう。

学歴の話になり、私の生い立ちを
話すと相当興味を持ったらしく、
根掘り葉掘り聞いて来ます。

逆にアメリカの教育はどうなの?と
質問すると

「学歴がないと仕事につけない」
「能力が高くても学歴が高くて能力が高い人には勝てない」

など、かなりの学歴社会のよう。

話を聴くとアメリカはそれこそ
文字の読めない、本当に食べることに困っている
ホームレスから、超高学歴、高収入まで
格差が大きく「勉強しないと生きていけない」
レベルを感じました。

沖縄はどんなに高学歴であろうと
大企業がないので平均年収300万円の状況で
スーパーサラリーマンでも雇われている
以上は年収1000万円何ていうのは夢のまた夢な
ところがあるので、どんなに学歴あっても
能力あっても、あるいは学歴なくても
能力なくてもあまり生活に差はでませんが、

東京やアメリカなど頑張れば
頑張るだけ年収やステータスに跳ね返ってくる
エリアでは、逆に頑張らないと
本当に「食べていけない」んだなと
ひしひしと感じました。

※国際交流会ですねー。

格差の差は

アメリカ>東京>沖縄

こんなイメージですね。

また、アメリカは自己責任の
意味合いがとても強く、
医療保険なども大して役に立たないとの
ことで「貧乏人は病気できない」とも
言います。

車で事故したというと「怪我はない?」よりも
「保険入ってる?」の言葉が先に来るそうです。

そういうことを聞くと
日本は恵まれているなと思うと同時に
もう少しリスクに対して正しい知識と
正しいリスク管理の実践を積む場が
あった方が、その人にあった生き方が
できるのかなとも思いました。

安全、安心、安定は最も重要ですが、
枠に閉じ込められているという
イメージもあるので、

リスクと安全、バランスのとれた生き方が
日本でももっとできる人が増えるといいなと
思います。

※ソルトレイクのモルモン教の協会にて。
芸術作品のよう。

ユタ州を暴走してみた。

アメリカ滞在3日目、
ロイスからお家においでよの誘いがあり
ロイスの自宅に行きました。

通訳さんと別件で打ち合わせがあるとのこで
これに乗って遊んでおいでよと
言われたのが「トライク」という乗り物。

3輪自転車のようなものですが、
暴走族のような旗が気になります。

※間違った暴走族にしか見えない旗。

ロイスに聞くと、車が多いから
目立つようにしているんだよ、と
納得の答え。

近くの住宅街をサイクリングすると
ステキな家がたくさんあります。

面白いなと思ったのが建築中の住宅。
全て木造なんですが、ユタ州市街地で
6階建くらいの建物で木造があったことを
思い出しました。

ユタ州は地震がないせいか、
木造住宅が多いと言います。
沖縄は台風もあるので、ほとんどが
鉄筋コンクリートですので、すごく新鮮です。

※この高さでも木造。なんか不思議です。

ロイスの日本びいきがすごい件。

サイクリングから戻ると
ロイスと通訳さん、そして
私で日本でのビジネス展開についての
ミーティング。

2018年、どんなビジョンで動こうかを
まだ決めかねていましたが、
ロイスからアイデアをもらって
チャレンジしようかなと思っています。

どうしても自分一人だと
沖縄とか東京とか日本とかの
レベルで考えてしまいますが、

ロイスは世界を見て来ているので
最終着地は「世界中」になるのが
本当に面白く、日本で10%シェア取るより
世界中で0.01%のシェアを取る手もありだなと
感じました。

※テレビは三菱。車はトヨタとホンダ。
ご自宅はなんと靴を脱いで上がるという
日本びいきなロイスのポリシー。

ロイスとのビジネスミーティングが終わり、
ロイスは夕方から日本の方との
コンサルティングミーティングが
入っているとのことで、家を後にしました。

ホテルで帰国準備のパッキングをして、
その日は終了。

前日のボルタリングから
アメリカ観光、初対面の人との情報交換、
ロイスへのカンカラ三振披露、そして
ビジネスミーティングと2日間で
クタクタになりながらも
2ヶ月いたような充実したアメリカ滞在でした。

 

今回の旅で感じたことは

今年、人口140万人の沖縄から
もっとも人口密度の高い東京で活動して

それから福岡、熊本、大分、
たくさんの地域を回って
それぞれの良さ、雰囲気の違いを
味わって来ましたが、

アメリカは格別で

「常識が違う」「文化が違う」
「規模が違う」「考え方が違う」

その「違う」の大きさが
桁はずれなこと。

ただ「違う」けれども

人は仲良くなれるし
受け入れることもできれば、
受け入れてもらうこともできるということ。

言葉も文化も違うけど、
人同士は理解され、理解できるということ。

そこを学んだ気がします。

※クリスマスもそれぞれ。
みんな違って、みんないい。

もしかすると、人は違いが大きい方が
相手を理解しようという気になって
より寛大になったり、助けてあげようと
いう気になるのかもしれませんね。

「理解してから、理解される」

7つの習慣のスティーブン・コヴィー氏、
今回のロイス・クルーガー氏も著書の中で
そう言っています。

特にロイスは日本に数十年関わった経験があり
お父さんと一緒に沖縄にも来た経験があるようです。
本当に日本のことが大好きで、 Googleカレンダーには
日本人クライアントとの予定を日本時間で入力していました。
それほどに日本のことを愛してくれていると思います。

また、今回のスケジュールもロイスがいなかったら
実現しなかった旅でした。本当に心遣いに
感謝します。

アメリカの皆さん、ロイス、エリック、
アテンドと通訳を同時にこなしてくれた
通訳者さん、本当にありがとうございました。

結構ハードな旅でしたが、来年もまた
遊びに行きたいですね。

一生のうちに、最高な思い出ができました。
Thank you Roice. Thank you America.

今回の米国レポートまとめ

【米国レポート1/3】アメリカとロイス・クルーガーと私(出発編)

【米国レポート2/3】アメリカとロイス・クルーガーと私(雪山ラぺリング編)

【米国レポート2/3】アメリカとロイス・クルーガーと私(ロイスへのバースデー編)


【親川政明 個人フェイスブック】
https://www.facebook.com/masaaki.oyakawa

【経営者・起業家育成】
全国・海外対応。現役経営者から実践的な「経営・起業」が直接学べる経営者育成コミュニティ
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)

【中小企業経営コンサルティング】
理念経営の実践で経営者の心と経済の豊かさを実現する
Office-OYAKAWA(オフィス親川)

【一人起業家向け】月収100万円を6ヶ月以内に達成する「PBF®︎」を最短でマスター
ミリオンビジネスアカデミー

The following two tabs change content below.
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/
About 親川 政明 121 Articles
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/