42歳になりました。人生変えました。

Pocket

6月5日。42歳になりました。

遅れましたがたくさんの
おめでとうメッセージを
ありがとうございます。

40歳より沖縄・東京2拠点生活を
始めて2年がたちました。

私自身の備忘録を兼ねて
近況報告をさせていただきます。

今月より東京の事務所を
仕事しやすいタワーマンションに
移しました。

タワーマンションの景色。青空が眩しい。

共用施設はパーティルームもあり。

海外はユタ州、シンガポール、マレーシア
などに足を運びました。

代表を務めるJPBAでは6ヶ月で海外・国内6箇所展開。
近々、香川、高知なども展開予定。

お仕事ではサンケイビジネスアイの
新聞連載をスタートさせました。

締め切り、締め切りに追われる日々でした。

自社スタッフが頑張って
活躍が目覚ましい成長を遂げています。

私自身もマレーシアで公演する機会を
理事を務めるJPBAのメンバーの活躍を通じて
いただきて、ご縁で海外展開も
できるようになりました。

マレーシア講演での一コマ。

私生活では私自身の
義務教育を2年で卒業した経験を
現不登校の親子さんにお話しする
イベントに参加させていただきました。

今年はやたらと新聞に掲載されました。

趣味のカーライフでは
高校生時代に夢だった
大型二輪免許を取得し

なんとなく見に行った
ポルシェケイマンGT4に一目惚れして
購入し、東京カーライフの相棒となって

今年の抱負の筑波、鈴鹿での
サーキット走行が叶いました。

大型免許とって1日目。とにかくバイクが重い・・・。

鈴鹿サーキットでの一コマ。大雨が降っていましたが、
バックストレートでは何とか時速240キロまでいけました。

非常に充実した1年でした。

プレゼント。

42才記念でいただきました
お誕生日プレゼントは

・JPBAメンバーより
いろいろ体験チケット

お気持ち、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

・アメックスプラチナより
パスポートケース
(カードを入れると顔が見える)

ちなみにコーポレートカードもプラチナですが、コーポレートは顔の位置が中央でないので「個人用プラチナカード」専用の入れ物のようです。

 

・自分自身(私)より
ベルルッティの革靴と
スポーツカーのレンタカー
3日間、3車種乗り放題。

ベルルッティ。30万円でもオーダーでなく既製品。履きごごちはGOOD。

などその他もいただきました。
あらためて感謝申し上げます。

「母子家庭の貧困」について

41歳は「人生の大きな節目」と
なりました。

私は東京・埼玉近辺で生まれ
沖縄出身の母親が離婚し、
母子家庭として2歳より
沖縄で育ちました。

父親は名前も顔もわからないままでした。

その後、7歳から登校拒否(不登校)となり
電気ガス水道も止まるほどの貧困家庭に育ち

母親は時給600円の時代に
月給20万円を稼ぐ長時間労働をしていました。

私自身の経営ポリシーは

・時間を増やす
・お金を増やす
・笑顔を増やす

ことを目的としています。

沖縄開催の経営者向け経営セミナーの一コマ。

その理由は今思うと

人として「当たり前の生活」ができない
私の母親の「奴隷」とも言える働き方を
改善するために生きてきたのかもしれません。

私自身も学歴は高卒で
「貧乏暮らし」出身。

15歳で深夜のカラオケ店で働き始め
20代はレーサーを目指し資金を貯めるために
工場労働者にもなり

10年前の32歳までは
平均収入200万円の沖縄で

手取り給料15万円、貯金20万円

そんな生活をしていました。

これは21歳くらい?の時ですね。

それが今では会社2社の代表を務め
スタッフに支えられながら

東京・沖縄2拠点生活を送り

20代の時に貧乏で挫折した

「レース活動」「好きな車に乗る」
「(高度の)高い場所に暮らす」
「好きな場所で好きな仕事をする」

そのようなことが今、
現実に叶っている事が自分自身でも
時々不思議に思うところがあります。

2年前、趣味でカートレース復帰した一コマ。

こちらはつくばサーキットで愛車との一コマ。

沖縄にいる時は観光客気分でよく海に行きます。

近年は経済的にも落ち着き、
自分自身の人生も半ばを迎えた事で

自分のルーツである「貧困の原因」の
一つになった「親の離婚」について
考えてみることにしました。

今年の1月に両親が暮らしていたという
埼玉県の早瀬という地域に行ってきました。

日曜日に行ったのですが
そこは工場地帯になっていて
賑やかな街並みの逆というか
全く色気も飾り気もない
無機質な工場地帯でした。

ドライブがてら東京から埼玉へ。

小さい頃、よく遊んでいたと母親から教えてもらった公園。

風の音だけが聞こえる。川の向こう側に東京が見える。

22歳で父親になれますか?

父は高知県出身で22歳の時に
28歳の母親と結婚し「父」になったそうです。

これが「私」とのことです。
東京の病院にて撮影。

22歳。あまりに早い結婚。
きっと仕事と将来に不安を抱えた
無機質な毎日。

私が父の立場なら、
自分の未熟さ、弱さ故に

両親と同じように結婚生活は
うまくいかなかったかもしれない。

そして同じく「貧困の母子家庭」を
生み出していたかもしれない。

同じ「男」としてそう感じずには
おれませんでした。

そう思うと長年「見たことのない父」と
それに被せるように感じていた
「男は子供を不幸にする」という
トラウマのようなものが

すっと抜け落ちたような気分になりました。

10歳頃。毎日カップラーメンで生活。
この頃は「まだ知らぬ父親」の影響か、男性恐怖症でした。

それからというもの、
私の中で抱いていた

「こんなに苦労したんだから
もっと成長して活躍しなければ」

という無意識のプレッシャーは
驚くほど消え失せ

「片方かけたカケラが」が
スッと埋まるような錯覚になり

「それから」というもの、

「自分という精神と肉体を最大限に使って
現在と未来にどう差異を作るか」

「残された人生やリソースを何に使うか」

そればかりを考える毎日になりました。

「人生」の使い方

振り返ると

6歳で伝記のエジソンを読み
8歳でナポレオンヒルの成功哲学を読み
15歳で仕事を始めて「レジ締め」を覚え

三輪車から始めた「車歴」38年。
講師歴26年、起業歴・コンサルティング歴16年。

結局のところ私が「やめられない」のは

物事の本質を掘り下げ
「経済的豊かさ」や「精神的豊かさ」を
実現させる「哲学と実学の追求」と

自分自身が得ることのできた
哲学と実学を「高い再現性」を持って
人に伝えること、実際に豊かになってもらうこと。

その結果、貧困家庭がなくなり、
金銭的にも精神的にも
「ゆとりある毎日」をより
多くの人々に提供する。

どんな困難でも乗り越えられるマインドと
スキルを提供し「希望と成長する喜び」を通じて
人や企業の「変革」の支援をする。

これが「残された人生でできることかな」と
感じています。

スタッフにはビジネスで成功してもらうための「貢献する気持ち」と「稼ぐ力」を身に付けてもらう環境を提供できるように工夫しています。

運営している一人起業家向けビジネススクールでは卒業生のうち、2年で31人が月収100万円を突破。最高月商は1100万円。次に月商500万円。ほとんど女性で子育て中というのが驚きです。

実際に私自身が経験したことの
知識を体系化し、整理すると

私の10年間分の経験をほとんどの方は
6ヶ月程度でマスターしていきます。

ただ、残念なことに私自身は
「6ヶ月で全てをマスター」できない。

いつも先人が未経験の分野に挑戦してきたので
または沖縄という地域柄、情報が少ないので
ロールモデルがいない。よって失敗して覚えるしかない。
成長のために「時間」も「お金」もたくさん使いました。
これも42年間、たくさん味わったことです。

私の役割はより多くリスクを取り、
失敗し、改善し、成長し成功し、
それを人に伝えること。

より成長したい人に「遠回り」をさせず、
「最短ルート」を案内し、
人生や業績、企業文化を変えるサポートをすること。

それが私の42歳時点で「使命」だと思って
1年頑張っていきたいと思います。

JPBA講師を育成して1年。「認定講師から経営指導を受けた受講生たち」が従業員ゼロで月商220万円、家族経営で月商800万円など3ヶ月以内に売上2倍、4倍を達成しています。認定講師の活躍でJPBAはアジア、国内全土に広がっています。

個人に豊かな生活を提供するのはミリオンズで。

早急なビジネス改善は経営コンサルティングで。

経営者としての成長の場の提供はJPBAで。

不登校者から経営者までの道のりをお伝えするのは
不登校支援で。

何かしら皆さんのお役に立てたらと思います。

残りの人生を「貢献」に使い、豊かな社会の未来づくりをすべく
悔いなき人生を生きていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

親川政明


【親川政明 個人フェイスブック】
https://www.facebook.com/masaaki.oyakawa

【経営者・起業家育成】
全国・海外対応。現役経営者から実践的な「経営・起業」が直接学べる経営者育成コミュニティ
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)

【中小企業経営コンサルティング】
理念経営の実践で経営者の心と経済の豊かさを実現する
Office-OYAKAWA(オフィス親川)

【一人起業家向け】月収100万円を6ヶ月以内に達成する「PBF®︎」を最短でマスター
ミリオンビジネスアカデミー

The following two tabs change content below.
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/
About 親川 政明 116 Articles
日本パーソナルビジネス協会代表理事/合同会社ミリオンズ代表。合気道初段。愛車はポルシェケイマンGT4。義務教育は小1と中3しか登校しておらず、2年で卒業。趣味は「数値化」「自動化」「システム化」。経営者として自社の経営と経営コンサルタントとして全国各地で短期間で業績を改善する「仕組み化経営」の指導を行っている。6ヶ月で売上7倍になる事例もあるなど「90日以内」に会社が生まれ変わる反面、スパルタすぎてクライアントが悲鳴を上げることも。 プロフィール詳細はこちら。 https://www.oyakawamasaaki.com/2019/01/18/2019profile_masaakioyakawa/